平成30年7月に相続法が大きく改正されました。この改正により、例えば、残された配偶者が安心して安定した生活を過ごせるようにするための方策などが導入されることになりました。今回の改正により、自分が亡くなったとき、あるいは家族が亡くなったときに生ずる相続に関して、どのような点が、どのように変わったのかポイントを紹介します。


ファイルイメージ

これまで、自筆証書遺言につきましては、全文を自書する必要がありましたが、平成31年の相続法改正により自筆証書遺言の方式が緩和され、財産目録をパソコンにより作成する事が可能になりました。
詳しくは以下のPDFファイルをご確認ください。


ファイルイメージ

自筆証書遺言に関する見直し